高卒認定(旧大検)の第一学院HOME保護者の方へ > 大検(大学入学資格検定)から高卒認定試験へ

大検(大学入学資格検定)から高卒認定試験へ

1951年(昭和26年)から始まった大検(大学入学資格検定)という制度は、時代の変化とニーズの多様化に対応するために、平成17年度よりその名称を高等学校卒業程度認定試験(高卒認定)に改め、制度が変更されました。それまでの大検(大学入学資格検定)は、どちらかというと大学などへ「進学するための試験」という色合いが濃かったことに対し、高卒認定試験はその名称が表している通り、国が高等学校卒業を認定する試験であるという意味合いが強くなりました。進学と就職のどちらにも活かせる資格が得られる認定試験であり、合格者に対する社会的な位置づけが、これまでの大検以上に高くなりました。

大検(大学入学資格検定)から高卒認定試験への制度内容の主な変更点

1.試験名称の変更
「大検(大学入学資格検定)」から「高等学校卒業程度認定試験」へ変わりました。大学、短大、専門学校の入学資格としてだけでなく、就職、資格試験等広く社会から高等学校卒業と同等の学力がある試験として認められるようになりました。

2.受験対象者の拡大
全日制高等学校に在学したまま受験できるようになりました。「高等学校卒業程度認定試験」で合格した科目は、学校長の判断で全日制高等学校の卒業単位として認定してもらうことも可能になりました。

3.試験科目の変更
試験科目から「家庭」がなくなり、「英語」が必修科目になりました。また、試験科目から選択科目がなくなっています。
※「大検(大学入学資格検定)」で「家庭」が合格または免除になっていたとしても、「高等学校卒業程度認定試験」の「英語」の合格または免除に振り替えることはできません。
※「大検(大学入学資格検定)」で「英語」以外の選択科目が合格または免除になっていたとしても「高等学校卒業程度認定試験」の「英語」の合格または免除に振り替えることはできません。

高卒認定を受験できるのは、どのような人?

受験資格は、まず16歳以上であることです。厳密にいえば、受験しようとする認定試験の翌年の4月1日までに満16歳以上でなければならず、日本の高等学校を卒業していないという条件(大学入学資格を有していないということ)が必要となります。平成16年度まで実施されてきた「大検(大学入学資格検定)」では、全日制高等学校に在籍している人には受験資格がありませんでしたが、新試験である高卒認定試験(高認)では、全日制高校に在籍している方でも受験することができます。(休学中であっても受験できます。) 全日制高校に在籍している生徒が受験できるようになったことは、大きな制度変更の一つといえます。また、平成12年度大検(大学入学資格検定)当時から、中学校を卒業していない人にも受験資格が認められるようになりましたので、平成17年度からの高卒認定試験(高認)においても同様の扱いとなります。不登校など、様々な事情で中学校を卒業していない人にも、高卒認定試験(高認)を経て、次の希望進路(大学・短大・専門学校)へと進むことができます。

■高卒認定試験について更に詳しくは「高卒認定試験とは?」をご覧ください。

不安・お悩み・疑問。なんでもお気軽にお電話ください!経験豊富なスタッフが責任を持って対応させていただきます。
無料でパンフレットをお届けしています。
無料相談会を実施しています。